メルセデスベンツSクラスを意識したA8の米国CM

アウディの米国法人、アウディオブアメリカが、2011年のスーパーボウル用に制作した『A8』のテレビCM。ライバルのメルセデスベンツ『Sクラス』を意識した内容が話題となっている。

このCMは、メルヘン童話を思わせるストーリー。子どもを寝かしつけるように、「おやすみなさい」と語りかけながら、ろうそくや照明を消していくのだが、その最後にメルセデスベンツSクラスのヘッドランプが消えるという展開だ。そして翌朝、朝日の中を力強くアウディA8が登場する。

メルセデスベンツSクラスに対して、アウディA8の革新性がアピールされたこのCM、動画共有サイト経由で見ることができる。

メルセデスベンツSクラスを意識したA8の米国CM メルセデスベンツSクラスを意識したA8の米国CM メルセデスベンツSクラスを意識したA8の米国CM メルセデスベンツSクラスを意識したA8の米国CM メルセデスベンツSクラスを意識したA8の米国CM