i-MiEV

三菱重工業は、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビの国有企業マスダールと共同で、電気自動車(EV)の運用実験を開始すると発表した。

両社は、環境配慮都市として建設されているマスダール・シティで、同社従業員や居住者向けの輸送手段としてEVを提供し、運用実験を通じて先進的で環境に優しい交通インフラの構築につなげる。

マスダールは、個人型の無人交通システムであるパーソナル・ラピッド・トランジットをはじめとするマスダール・シティでの既存交通インフラに、EVや急速充電できる拠点、高度なコミュニケーションインフラを加えることで、環境に優しい次世代公共輸送システムの実現を目指している。

この一環として今回、『i-MiEV』10台を導入する。i-MiEVの最高速は130km/h。1回の充電での航続距離は150km。16kWhのリチウムイオン電池を搭載、急速充電設備を使えば30分で充電が可能だ。

マスダール・シティでは、各EVメーカーやその関連技術を持つ協力企業なども広く招致している。三菱重工は実験を通じて、ITS(高度道路交通システム)を使用し、自動車を管理・運用する実験プラットフォームの活用法を検証する。一方マスダールは、中東地域特有の気候条件や利用形態のもとでのEVの性能や充電方法について実証する。