SP/300.R

ケーターハムカーズは13日、英国バーミンガムで開幕したオートスポーツインターナショナルショーにおいて、ケーターハム-ローラ『SP/300.R』を初公開した。

同車は、ケーターハムとF1マシンなどを手がけるローラが共同開発したサーキット専用車。サーキットで本領を発揮する究極の軽量スポーツを提案する。

オープンボディのSP/300.Rは、低く構えたシルエットが特徴。大型リアウィングをはじめ、エアロダイナミクス性能は徹底追求された。

アルミ製シャシーのミッドシップに収まるのは、フォード製の2.0リットル直列4気筒ガソリンにスーパーチャージャーを追加したユニットで、最大出力300psを発生。ヒューランド製のセミオートマチックトランスミッションと600kgの軽量ボディにより、0-96km/h加速2.5秒、最高速274km/hのパフォーマンスを実現する。

サスペンションはサーキットの特性に合わせた細かい設定が可能で、ブレーキはAPレーシング製。ロールケージや6点式シートベルト、消火器など、レース参戦に必要な安全基準も満たす。

このSP/300.Rは年間25台程度が生産され、2012年から開催予定のワンメークレースに投入。英国価格は、6万ポンド(約790万円)だ。ケーターハムによると、公道走行可能バージョンの発売も計画しているという。

SP/300.R SP/300.R SP/300.R SP/300.R SP/300.R SP/300.R