iRacingレース画面サンプル

モータスポーツのオンラインゲームにはいろいろあるが、「iRacing」ほど実際のものに近いものはないだろう。なにしろコースはすべて実在するもので、しかもコースの凹凸や看板まですべてを本物のように再現しているのだ。

「そのため、プロのドライバーも練習用に使っているほどなんです」と国内でプロモーションを手掛けるTCR関係者。米国生まれのこのゲームは現在、会員数が世界中で2万人にまで拡大している。「マイクによる会話も可能なので、ゲーム中にいろいろな言語が飛び交っている」そうだ。

同ゲームの特徴は、参加プレイヤーのスキルに応じたマッチングシステムを採用していること。カテゴリーがルーキーからプロまで6段階に分かれている。運転のスキルを上げていけば、プロのドライバーとバトルもできるわけだ。

しかも、登録は実名なので、いい結果を残せば、プロのドライバーから認知され、マイクを通して、話しかけられるかもしれない。ただ、ペナルティシステムも導入されているので、マナーを無視して運転を続けていくと出場できるレースも少なくなるという。

ちなみに料金プランは以下の通り。
●1か月 12ドルのお試しプラン
●3か月 30ドル
●1年間 99ドル
●2年間 179ドル

TCR iRacing TCR iRacing