国土交通省は14日、2010年に発生した大型車のホイール・ボルト折損による車輪脱落事故は24件で、前年より11件増えたと発表した。

車輪脱落事故は、2004年の71件をピークに毎年減少してきたが、6年ぶりに増加に転じた。

1999年から2010年までに発生した事故件数は341件で、月別に見ると2月に59件、3月に51件と2、3月の冬から初春の時期に集中している。また、使用の本拠の位置別では、積雪地域である東北、北海道、北陸信越での発生率が突出している。

2、3月に発生が多いのは、例年10〜12月にかけて夏タイヤから冬タイヤに交換する際、締め付け不良があり、ボルトの疲労破壊が進行して数ヶ月後に集中的に折損し、脱落が発生すると考えられている。

同省では、日常点検でホイール・ナットの脱落・ゆるみやホイール・ボルトの折損等の異常の有無を重点的に点検するよう呼びかけている。