米国のTRWオートモーティブ・ホールディングスは、中国国内の自動車メーカー数社からコラムドライブ式電動パワーステアリング(EPS)システムを受注したと発表した。

まず中国国内メーカー4社に、複数のプラットフォーム向けのコラムドライブ式EPSを供給する。EPSシステムは、中国上海・安亭にあるTRWの工場で生産し、2012年前半から供給する予定。

TRWが蓄積してきたEPSシステムや車両全体のEPSの作動についてのノウハウが高く評価され、受注に結び付いた。

TRWでは、独立したステアリングシステムとしてだけではなく、電動ブレーキシステムなどの他のシャシーシステムと組み合わせることで、顧客にトータルなサービスを提供して差別化を図っている。

電動ステアリング技術に関しては、上海にあるTRWのR&D部門が現地でサポートする。