ベンツパテントモトールヴァーゲン

トヨタ自動車は、文化施設であるトヨタ博物館で1月25日から4月3日まで、企画展「収蔵車&資料でたどる自動車125年の歴史」を開催する。

2011年は自動車が誕生してから125年を迎えることから、これまでの自動車の歴史を同館が所蔵する収蔵車や資料を活用し、年代ごとに10項目に分けて展示する。学芸スタッフによる展示も説明を行う。

また、常設展示では本館2階と3階の一部車両の入れ替え、1940〜1960年代の欧米車、1950〜2000年代の日本車、計21台を追加した。

このほか、ソアラ発売30周年、スープラ発売25周年を記念して当時の開発責任者の講演会も開催する。

メルセデスベンツ300SL