グッドイヤー ブース

人工心臓の開発や、意外なところではアポロ14号の月面探索車用ムーンタイヤなど、特殊ゴム製品の開発でも実績のあるグッドイヤー。その高い技術力を結集したラインナップを今年の東京オートサロンの会場では訴求した。

その中で、販売企画本部の福永耕大氏が紹介するのが、ハイグリップ&ハイレスポンスをテーマに創り上げられた『EAGLE RS Sport』だ。

特徴として、D1グランプリやヴィッツレースで培ったコンパウンドテクノロジーを導入したほか、新カーボン+新ポリマー、新グリップ強化剤を採用。特にグリップ性能を重視した設計で、低温時のグリップを上げ、高温時では熱ダレを抑制するという、モータースポーツユーザーにとってみれば理想的な特性に仕上がっているという。

福永氏は「EAGLE RS Sportはレースなどで走り始めた直後からオイシイ部分を使え、最後までその特性を維持できる、まさにオールラウンドなタイヤです」と話す。「とにかく“勝ちたい”と意欲のあるドライバーの方に使っていただきたい。まさに男のためのタイヤと言っていいでしょう」。

会場では、D1で活躍する車両の足元にもRS Sportがしっかりとその存在感を見せていた。

グッドイヤー ブース グッドイヤー ブース グッドイヤー ブース グッドイヤー ブース グッドイヤー ブース グッドイヤー ブース グッドイヤー ブース グッドイヤー ブース グッドイヤー ブース グッドイヤー ブース グッドイヤー ブース グッドイヤー ブース グッドイヤー ブース グッドイヤー ブース グッドイヤー ブース グッドイヤー ブース グッドイヤー ブース