D1デモラン

オートサロン2011では、西ゲート前のD1スクエアで「D1グランプリ」のトップドライバー達が華麗で激しいドリフトを披露するドリフトデモランを会期中毎日開催する。単走から追走、そして団体ドリフトと、様々な走行方法によるドリフトパフォーマンスを披露した。

スキール音と白煙を上げながら観客フェンスギリギリまでドリフトするマシンは迫力満点だ。集団ドリフトのあとには、ドライバー達がマシンから降り立って挨拶をした。

出場選手は野村謙や織戸学(16日のみ)を初めとして今村陽一、川畑真人、末永正雄らが幕張メッセの会場まで暴れ回る。 審査員は神本寿、実況・MCは鈴木学と辻直樹が務める。

D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン D1デモラン