エネループバイク

三洋電機は、米国子会社のサンヨー・ノースアメリカ・コーポレーションがハワイ・ホノルル市内でアシスト・ザ・ワールド・オブ・グリーンと電動ハイブリッド自転車『エネループ・バイク』のレンタルバイク事業で協業すると発表した。

エネループ・バイクは、自転車に乗ったまま発電・充電することのできる回生充電機能を搭載した三洋電機のエネルギー循環型電動ハイブリッド自転車。

まずアシスト・ザ・ワールド・オブ・グリーンが1月中旬にオープンするレンタルバイクショップに、エネループ・バイクを導入する。

リゾート地であるハワイには毎年約130万人の日本人観光客が訪れるが、ツアーで島内の移動手段は、大手旅行会社が運営する専用トローリーバスや現地ツアーに参加するなど自由度に制約がある。美しいハワイをより身近に感じるため、レンタルサイクルを活用する旅行者は多いものの、坂道の多い島内での運転や、自転車を止められる店舗が少ない。

今回アシスト・ザ・ワールド・オブ・グリーンは、ホノルル周辺を気軽に動き回りたいとのニーズを持つ女性や年配の旅行者を対象に、ワイキキ周辺の2拠点にエネループ・バイクのレンタル事業を展開する。順次拠点数は拡大する予定。

事業開始に先立ちエネループ・バイク「CY-SPA600NA」と「CY-SPH600NA」の2機種、計42台を納入した。今後1年間で約200台を設置する予定。