プレスブリーフィングで出展車を紹介する各ブランド担当者

東京オートサロン2011開幕初日の午前中に実施されたTOYOTA/GAZOO Racingプレスカンファレンスでは、GRMNやG's、モデリスタ、トムスなどそれぞれの開発担当者が自らステージ上で出展車両をアピール。出展車の概要と合わせ、担当者の解説コメントも紹介しよう。


◆GRMN
まずは「GAZOO Racing tuned by MN (略称GRMN:ジーアールエムエヌ)」の水野陽一・開発責任者が、昨年のニュルブルクリンク24時間耐久レースでクラス優勝した『レクサスLFA』のレース車両や「iQ」をベースにスーパーチャージャーやブリスターフェンダー、ロールケージで武装した「GRMN iQ Racing Concept」を紹介した。

◆G Sports (G's:ジーズ)
そしてカスタマイズ車の新ブランド「G Sports (略称G's:ジーズ)」の弦本祐一・開発責任者は、その第1弾となった『ノア G Sports』に続くモデルとして、現行『プリウス』と新型『ヴィッツ』ベースのG'sコンセプトを発表した。 GRMNのピュアスポーツ路線とは異なり、いずれもデザイン変更やボディや足回りの強化などを中心としたライトチューンで、個性を表現し街乗りでも楽しめる運動性能を目指したという。

◆レクサス
またレクサス「IS F」の開発者として知られる矢口幸彦チーフエンジニアは、そのままレース参戦も可能というIS Fの“クラブレーサー”仕様、『IS F CCS-R』について熱く語り、続く「TRD」の森川修次・製品企画室主査も、オーリスにスーパーチャージャーを装着し、操縦性にも磨きをかけた『AURIS GT CONCEPT』への意気込みを訴えた。


◆モデリスタ
「モデリスタ」の中村一之チーフデザイナーは、新作となる『ヴィッツ MODELLISTAバージョン』や『ラクティス MODELLISTAバージョン』に加えて、オフロード車用品のJAOSにパーツ開発を依頼した『FJクルーザー JAOS Selected by MODELLISTA』における細部へのlこだわりをアピール。

◆トムス
「TOM'S」は『LS460 TOM'Sバージョン』を出展。神山裕示・営業部次長はLSが持つ流麗なシルエットを崩すことなく、高性能と質感をさりげなくアピールするスタイリングに
について「長くなってしまうので説明しません」と述べ、“見てもらえれば分かる”とその商品力に自信をのぞかせた。

◆トヨタ自動車大学校
トヨタ自動車大学校の生徒が中心となって製作したトヨタS800ベースの『TOYOTA SPORTS EV-TWIN』は、昨年出展された「ヨタハチ」ベースのEVを進化させたもの。従来型で一基だったモーターは、オリジナルの水平対向“2気筒”エンジンに因んで水平対向“ツインモーター”となり、バッテリーも鉛電池から一気にリチウムイオンに進化。最高速は推定で160km/h以上、1充電走行距離は100kmに伸びたという。同校自動車科3年生の竹内豊さんは、ツインモーター化が特に難しかった、とその製作エピソードを語った。

◆トヨタ技術会
一方、トヨタ社内のエンジニアなど有志で構成される団体TES(トヨタ技術会)は、軽量コンパクトなFRスポーツコンセプト『TES CONCEPT T-SPORTS』を出展。パワートレインはキャミ、キャビン部分はコペン、独立式リアサスはアルテッツァ譲りという手作り感あふれるモデルだが、製作に参加した村上史剛・第一設計室主任は、自分たちが欲しい“手頃なスポーツカー”を形にしてみた、とその狙いを語った。

プレスブリーフィングで出展車を紹介する各ブランド担当者 GRMN iQ Racing Concept GRMN iQ Racing Concept プレスブリーフィングで出展車を紹介する各ブランド担当者 プレスブリーフィングで出展車を紹介する各ブランド担当者 プレスブリーフィングで出展車を紹介する各ブランド担当者 プレスブリーフィングで出展車を紹介する各ブランド担当者 プレスブリーフィングで出展車を紹介する各ブランド担当者 プレスブリーフィングで出展車を紹介する各ブランド担当者 TOYOTA/GAZOO Racing プレスブリーフィング TOYOTA/GAZOO Racing プレスブリーフィング TOYOTA/GAZOO Racing プレスブリーフィング IS F CCS-R (Circuit Club Sport Racer) COROLLA Axio apr GT プリウス G Sports Concept ヴィッツ G Sports Concept TOYOTA/GAZOO Racing プレスブリーフィング