ドン・バトラー副社長は「他とは違うラグジュアリーを追求することこそキャデラックの役割」と語る

ゼネラルモーターズ(GM)はデトロイトモーターショーにおいて、主要4ブランドから新型車やコンセプトカーを出展するなど勢いを見せ、経営破たんからの復活を印象づけた。中でも、2010年の北米販売が約35%増と同社2位の伸びを見せたキャデラックに注目、ブランドマネージャーのドン・バトラー副社長に、高級ブランド・キャデラックの戦略と未来について語ってもらった。

キャデラックは、言わずと知れた米国が誇る高級ブランドであると同時に、日本市場におけるGMの主力ブランド。昨年のロサンゼルスモーターショーや広州モーターショーでは、小型車のコンセプトカーや低排気量エンジンなど、これまでのラグジュアリー路線だけではない新たな試みを発信してきている。こうしたキャデラックの戦略と背景にインタビューで迫る。


----:キャデラックというブランドのポジションは?

バトラー:キャデラックをひとことで表現すると「レッド・ブラッデッド・ラグジュアリー」、つまり情熱的なラグジュアリーを目指しているということです。受け身ではなく、常に攻めの手を打って行く。他のブランドとは違う、ドラマチックな体験を提供することができるラグジュアリーブランドなのです。

----:商品の特徴を教えて下さい。

バトラー:何と言っても、他とは全く異なるビジュアルです。「アート&サイエンス」、つまり美しさと技術力を、骨太でドラマチックでエッジが効いたデザインに反映しています。キャデラックを見て他のブランドと見間違うということはあり得ない。このデザインこそが多くの人に受け入れてもらえているポイントだと考えています。

----:キャデラックは歴史あるブランドですが、受け継がれて来たものとは?

バトラー:パフォーマンスと快適性の両立です。これは創業された1901年から全く変わらないキャデラックのコンセプトです。パフォーマンスではハイパワーと操作性の高いハンドリングを、快適性では室内空間の充実を常に追求しています。これらが組み合わされることで、キャデラックならではのドラマチックな体験が生まれるのです。現在ラインアップしているハイパフォーマンスカーの「Vシリーズ」も単に速さだけではない、真のラグジュアリーというものを追求しています。

アメリカで最初にV8エンジン、V10エンジンを搭載したのがキャデラックです。ほかにもエンジンスターターや、現在GMブランドに展開しているオンスター(盗難防止や車両情報を管理できるテレマティクスシステム)も、キャデラックが初めて採用したものです。キャデラックのユーザーは、常に新しいものを求めている。これに応え、他にはないイノベーションを市場に反映し続けること、これがキャデラックの役目だと考えます。

----:昨年のロサンゼルスモーターショーでは初めて小型車のコンセプトを発表しましたが、これも新しいイノベーションと捉えて良いのでしょうか。

バトラー:『アーバン・ラグジュアリー・コンセプト』は、あくまでテストです。キャデラックというブランドから小型車を提案することによる市場の反応を見てみたかったのです。ですから必ずしもああいう方向を目指すというわけではありません。将来的にどういう方向を目指していくかはわかりませんが、今居る場所に決して満足してはいけない。3年、5年といったスパンで考えると、様々な方向性を考えて行くのはとても重要なことです。

----:広州モーターショーで発表した小排気量ターボエンジンについてはいかがでしょうか。

バトラー:ユーザーはパフォーマンスに期待をします。しかし燃費性能もおろそかにしてはいけない。こうした問題に対するキャデラックの回答のひとつが小排気量ターボエンジンです。これは自動車業界全体のトレンドでもあります。

キャデラックではこのほかにも既に、大型車の『エスカレード』にハイブリッドを設定するなど意欲的な試みも実施しています。さらに、まだ詳しいお話はできませんが、ハイブリッドから一歩進んだパワートレインを搭載したモデルを近い将来お見せすることができるでしょう。

----:これから、どんな新たなイノベーションが登場するのでしょうか?

バトラー:オンスターとスマートフォンとの連携を積極的に導入していきたいと考えています。例えばリモートスタートやリモートロックです。これは何としても他社に先駆けて実現したい。この他にも、オンスターをベースにした最新の取組みを具現化したものを近々発表できるので、ぜひ期待していて下さい。

----:日本市場での戦略をお聞かせ下さい。

バトラー:日本とアジアは非常にユニークな市場です。ですが、日本でもアジア各国でもキャデラックの戦略は変わりません。“unconventional choice”、つまり他ブランドとは違うラグジュアリーを追求して行くということです。『SRXクロスオーバー』はコンパクトラグジュアリーSUVという新しい提案をし、中国市場で人気を得ました。日本では発売されたばかりですが、同じように成功するのではないかと見ています。キャデラックの思想は、日本でも必ず受け入れられるものと信じています。

デトロイトモーターショーでは主力モデルCTSをメインに展示をおこなった ブランドマネージャーのドン・バトラー副社長 キャデラックのモデルに共通するコンセプトは「アート&サイエンス」 ラグジュアリーコンパクトSUVのSRXクロスオーバー パフォーマンスを追求したVシリーズにもラグジュアリーの精神を忘れない(写真はレース仕様)