イズ・ミー『プリウス』

本革シートやレザーシートなどの張替えを得意とするイズ・ミー(東京・渋谷)は、赤一色でまとめたインテリアと鏡面ラッピングが施されたエクステリアをもつトヨタ『プリウス』を、東京オートサロンに参考出品した。

昨年12月にできたばかりのデモカーで、「とにかく目立つプリウスをつくりたい」ということで鏡面フィルムを採用したと同社は説明する。

「プリウスを選んだ理由は、最近のエコカーブームでニーズがあるのはもちろんだが、もういっぽうでプリウスのボディラインがラッピングしやすく、ラップの色がきれいに出やすいから。フィルムの伸び率や色具合も進化して“貼ってる”というイメージを感じさせないぐらい」(同社)

鏡面系のクルマは国内ではあまり見かけないが、「ドバイやロンドンなどではよく見かけるようになった。ひとつの流行と化している」とも同社はいう。

さらに“貼る技術”についても自信をみせる。

「サイドには大きな一枚モノのフィルムを使っている。だから継ぎ接ぎ部分がなく、フロントからAピラー、リアまできれいなラインを保っている。この技術は当社の自慢だ」(同)

写真の内装・外装のパッケージで工期は1週間、値段は350万円。具体的な素材の配分や貼り方などについては「企業秘密」(同)らしい。

イズ・ミー『プリウス』 イズ・ミー『プリウス』 イズ・ミー『プリウス』