メルセデスベンツCクラス

メルセデスベンツブースのハイライトは、2012年モデル(欧州では2011年モデル)の『Cクラス』。大幅改良を施した同車のワールドプレミアは、デトロイトに定められた。

実は、メルセデスベンツは13日、新型『SLK』の概要を公表している。このタイミングでの発表なら、10日に開幕したデトロイトモーターショーにも、十分間に合ったはずである。

しかし、メルセデスは敢えてCクラスを、今年のデトロイトのメインに据えた。しかも、オールニューではない、改良モデルだ。これは、メルセデスの米国戦略と密接な関係がある。

米国では欧州や日本と異なり、『Aクラス』や『Bクラス』は導入されていない。つまり、メルセデスベンツの入門車の役割は、Cクラスが担う。2010年のCクラスの米国販売は、前年比12.1%増の5万8785台と好調。『Eクラス』とともに、ブランド全体で18%増という大躍進の原動力になったのだ。

そんな事情で、デトロイトがワールドプレミアとなったCクラス。今回のデトロイトでは、その欧州ベース価格が3万2695ユーロ(約360万円)ということもアナウンスされている。

メルセデスベンツCクラス メルセデスベンツCクラス メルセデスベンツCクラス メルセデスベンツCクラス メルセデスベンツCクラス