ホンダアクセスによるアクティトラックのカスタム

14日開幕した東京オートサロン2011。ホンダブースには軽トラック『アクティトラック』をベースとしたカスタム車両が展示された。

開発を担当したホンダアクセス四輪開発部の隅泰行さんは「原宿などに集まる若者の中には、農園でお手伝いをするという文化もあるそうで、そういった文化を持つ若者に向けてホンダをアピールできないかと思い、今回提案してみました」とコメント。

「このアクティトラックでは、初代『バモス』をイメージしてつや消し塗装を採用しましたが、初代バモスを知らない若い方でも新鮮に感じられるのではないかと思います。また、荷台の内側を黒板とすることで、さまざまなメッセージを書き込めるようにしてあります」(隅氏)

と、ホンダでも汎用製品で耕耘機などを発売しており、軽トラとあわせて自然派ライフスタイルを好む若者に、ホンダをアピールするのが狙いという。

展示車両は、グリーンのつや消し塗装に鉄製ホイールの組み合わせにより、なかなか渋い仕上がりとなった印象だ、自然派ライフスタイルとは離れるが、クルマにもミリタリーファッションがあってもいいかもしれない。

ホンダアクセスによるアクティトラックのカスタム ホンダアクセスによるアクティトラックのカスタム ホンダアクセスによるアクティトラックのカスタム ホンダアクセスによるアクティトラックのカスタム ホンダアクセスによるアクティトラックのカスタム ホンダアクセスによるアクティトラックのカスタム ホンダアクセスによるアクティトラックのカスタム ホンダアクセスによるアクティトラックのカスタム ホンダアクセスによるアクティトラックのカスタム ホンダアクセスによるアクティトラックのカスタム ホンダアクセスによるアクティトラックのカスタム