日本自動車販売協会連合会が発表した2010年12月の中古車登録台数は、前年同月比2.2%減の31万1279台となり、12月として過去最低となった。

前年割れは2か月ぶり。エコカー補助金制度は終了したものの、中古車需要は低迷している。新車販売の不振で、下取り車が減少、タマ不足となっているため。

車種別では、乗用車が同1.7%減の26万9477台だった。普通乗用車は横ばいの12万9618台だったが、小型乗用車が同3.2%減の13万9859台と低迷した。

貨物車は同6.6%減の3万3323台だった。普通貨物車が同9.6%減の1万3927台、小型貨物車が同4.2%減の1万9396台だった。

バスは同14.4%増の1229台、その他が同3.6%減の7250台だった。