スバル・レガシィB4 GT300仕様

14日、東京オートサロンのスバルブースにて、スバルの2011年のモータスポーツ活動に関する体制の発表が行われた。

まず、スバル商品企画本部プロジェクトジェネラルマネージャー森宏志氏は、「スバルは、走りを極めれば車は安全になる、をコンセプトに商品開発を続けており、モータスポーツ活動はその一環として2011年もいくつかのカテゴリに力を入れて参加していく」と挨拶した。

そのひとつSUPER GTについて、ドライバーや車両の体制は大きく変わらないものの、細かいパフォーマンスの改善で2010年より上位を目指すとした。そして、2011年もGT300クラスで『レガシィB4』のドライバーとなる山野哲也選手と佐々木孝太選手を紹介し、それぞれが2010年の成績と2011年の豊富について語った。

山野選手は、「昨年は第6戦の鈴鹿で優勝できましたが、3年目の参加となる今年は安定して表彰台、そしてシリーズ優勝がねらえるように頑張りたい。」とのコメントだ。続いて佐々木選手は「昨年は途中からの参戦でしたが、後半、チームとも一体となり手ごたえがありました。2011年は安定して入賞できるよう車のパフォーマンスを十分に引き出したい。」と述べた。

なお、東京オートサロンのスバルブースに展示してあるGT300仕様のレガシィB4は、2010年のシリーズを戦ってきた実車だそうだ。

スバルの2011年 SUPER GTの意気込みを表す文字は「挑」 スバル商品企画本部プロジェクトジェネラルマネージャ 森宏志氏 山野哲也選手 佐々木孝太選手