CT200h用パフォーマンスダンパー

ヤマハ発動機は、同社製の車両用車体制振ダンパー「パフォーマンスダンパー」がレクサスのハイブリッド5ドアハッチバック車『CT200h』に搭載されたと発表した。

ヤマハのパフォーマンスダンパーがレクサスブランドの車両に搭載されるのは初めて。また、ハイブリッド車にも初めて搭載される。

パフォーマンスダンパーは、乗用車の前後主要部に設置する車体制振ダンパーで、走行中の車体の変形や振動を整え吸収するための装備。ヤマハでは2000年に基本概念を発表、2004年4月にトヨタ車の一部に量産品として初めて採用された。

CT200hは、車両開発の初期段階から、パフォーマンスダンパーの最適化を実施、ハイブリッド車両の環境性能に加え、操縦性・走行安定性としなやかな乗り心地に貢献することから採用されたとしている。

CT200h