CT200h

全体相場は小反発。円相場が対ドルで強含んだことから、輸出関連株に売りが先行。一方で、欧州の金融財政問題に対する警戒感の後退から金融株に買いが入り、平均株価は前日比2円高の1万0512円と小幅ながら反発した。

自動車株は高安まちまち。トヨタ自動車が45円高の3500円、ホンダが45円高の3310円と上昇。富士重工、マツダもしっかり。

一方、日産自動車が2円安の853円と下落。スズキ、いすゞや日野自動車、三菱自動車がさえない。