ホンダ TS-1X

ホンダは、1月14日から16日まで千葉・幕張メッセで開催される「TOKYO AUTO SALON 2011 with NAPAC」に、参考出展車を含む四輪車と二輪車、汎用製品、モータースポーツ競技車両などを出展する。

今回は、ホンダの純正用品メーカーであるホンダアクセスによる『CR-Z』をベースとしたテストスタディモデル『TS-1X』を展示する。

四輪・二輪市販車の用品装着車を展示するとともに、『フリード・スパイク』のキャラバンカー、特別なカラーリングを施した『アクティ・トラック』、『エネポ』など、遊び心のあるカスタマイズを来場者に提案する。

さらに、SUPER GTシリーズのGT500クラスでドライバーとチームタイトルを獲得した「HSV-010 GT」や、二輪ロードレース世界選手権の最高峰MotoGPクラスに参戦している「RC212V」も展示する。

同社では、これらの出展を通じて、さまざまなカスタマイズの可能性を提案するとともに、モビリティーの楽しさやモータースポーツの魅力を伝えていくとしている。

スポーツモデューロ NSX