ボーラ

中国汽車工業協会は10日、中国における2010年の新車販売の結果を明らかにした。商用車と輸出を含めた総販売台数は、1806万1900台。前年比は32.4%増と、大幅増を記録した。

好調な販売の要因としては、総販売の約8割を占める乗用車に対する購入補助政策の効果が大きい。これは中国政府が2010年6月から開始したもので、排気量1.6リットル以下の小型車に対して購入代金の一部を助成。この制度は2010年内で終了したため、駆け込み需要による販売増も見受けられた。

メーカー別では、GMが235万1610台を販売してトップ。前年比は28.8%増と大きく伸びた。とくに、上海GMのシボレーブランドが、前年比63.4%増の54万3709台をセールス。2009年4月に投入したコンパクトセダン、『クルーズ』が18万7737台、10年頭に発売された小型ハッチバック、新型『セイル』が12万5652台と牽引役を果たした。

2位はフォルクスワーゲングループ。アウディやシュコダなどを含むグループ全体で、前年比37.4%増の192万台を売り上げている。

これで中国は、米国の1158万8783台に大差をつけて、2年連続で世界ナンバーワン市場に君臨。ただし2011年に関しては、購入補助制度打ち切りによる反動減や、渋滞対策として主要都市で導入されるナンバープレートの発行枚数制限など、新車セールスに与える不安定要素も多い。

クルーズ セイル ラヴィダ