ガリバーインターナショナルが発表した2010年第3四半期(3〜11月期)の連結決算は、営業利益が前年同期比13.3%減の60億800万円と減益となった。

売上高は同6.6%減の1086億6600万円と減収だった。金融子会社の売却で金融事業が縮小したことなどが主因。

収益では、利益率が高い中古車小売り台数が落ち込んだことから、収益が悪化し、経常利益は同11.9%減の58億5700万円だった。

当期純利益は金融子会社の売却による特別利益の計上などで同71.4%増の51億7500万円だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。