7日午前11時45分ごろ、鹿児島県屋久島町内の県道を走行中の軽乗用車が路外に逸脱して横転。荷台に乗っていた7歳から15歳の子供11人のうち、9人が車外に投げ出されて軽傷を負う事故が起きた。

鹿児島県警・屋久島署によると、現場は屋久島町平内付近で、片側1車線の直線区間。軽トラックは正月行事のため、荷台に子供を乗せた状態で各家庭を訪問。餅を集めていたという。

クルマは何らかの原因で路外に逸脱して横転。弾みで9人が車外に投げ出され、顔や手足を打撲する軽傷。運転していた20歳の男性にケガはなかった。

軽トラックの荷台には、荷物の見張りなど必要最小人数以外の乗車が禁止されており、警察では運転者から道路交通法違反(設備外乗車)容疑で事情を聞くとともに、横転の経緯も調べている。