PAS新型

ヤマハ発動機は11日、電動アシスト自転車『PAS』シリーズの2011年モデルを4車種発表した。新製品の特徴は、バッテリー寿命を従来比約2倍となる700〜900サイクルに伸ばしたところ。

バッテリー寿命を2倍に増やした経緯について、SPV事業部 マーケティング部グループリーダー・石井謙司氏は、「ユーザーの満足度調査をした結果、もっとも不満に感じているのがバッテリーの寿命だったから」と語る。

新製品のなかの「PASナチュラMデラックス」と「PAS Ami(アミ)」の2車種は、約8年ぶりとなるフルモデルチェンジPASだ。新設計されたフレームとドライブユニット、メインスイッチ(コントロールパネル)を搭載し、価格は従来よりも5〜8%低く設定してある。

目をひくのはメインスイッチ。従来のメインスイッチは4つのLEDランプでバッテリー残量を表示していたが、今回のモデルはデジタル表示パネルが採用されている。そのため、バッテリー残量を数値で確認でき、走行可能時間を確認しやすくなった。

なお、新型PAS4車種の発売日と価格は以下のとおり。
●PAS ナチュラS:1月27日発売、9万9800円
●PAS ナチュラM デラックス:3月10日発売、10万5800円
●PAS Ami:3月10日発売、10万4800円
●PAS CITY-S:1月27日発売、9万9800円

PAS新型 PAS新型 PAS新型 PAS新型 PAS新型