PASナチュラMデラックス

ヤマハ発動機は、電動アシスト自転車『PAS』シリーズの2011年モデルとして4機種を1月27日から順次発売すると発表した。

2011年モデルは、バッテリーのサイクル寿命を従来の350〜450サイクルから700〜900サイクルへと従来比約2倍に延ばした高耐久リチウムイオンバッテリーを採用した。バッテリーボックスのデザインとバッテリーロックの機構もリニューアルした。

バッテリーは2年、ドライブユニットは3年と、製品保証期間を業界最長に延長した。フレームとフロントフォークの保証期間も3年に延長した。

これら商品力を高めながら、従来より価格を約5〜8%引き下げた。

また「PASナチュラMデラックス」は、新設計の乗り降りしやすいフレームを採用し、「PAS Ami」は、新設計のおしゃれなデザインのフレームを採用した。この2機種は、耐久性を高めた新開発のドライブユニットや、バッテリー残量をデジタルで細かくパーセント表示する新設計のメインスイッチも採用する。

価格はPASナチュラMデラックスが10万5800円。

PAS Ami PASナチュラS(フレームは2010年型を継承) PAS CITY-S(フレームは2010年型を継承) PAS新型発表会 PAS新型発表会