C3

プジョー・シトロエン・ジャポンは、2010年のシトロエン車の新車登録台数が前年比71.6%増の2402台になったと発表した。プジョー・シトロエン・ジャポン設立以来の最高値で、過去10年でも最高の記録となった。

2010年のシトロエン車の国内販売は昨年5月に投入したコンパクトモデル『C3』と『DS3』が全体をけん引した。特にC3は、頭上まで広がる「ゼニスフロントウィンドウ」や、209万円からというリーズナブルな価格設定が好評で、5月発売当初の年内販売目標600台を大きく上回り、12月末までに830台以上を販売した。C3はシトロエン全体の約36%を占める基幹モデルとなった。

DS3も個性的なデザインなどが好評で、シトロエン販売全体の約23%を占める主要モデルとなった。

同社のティエリー・ポワラ社長は「2011年はさらに『C4』、そして『DS4』と2つの新型モデルを導入する予定で、これらのニューモデルを成功させるとともに、C3とDS3の販売台数を拡大、既存モデルである『C5』と『C4ピカソ』の販売台数を持続させ、シトロエン車で3500台の販売を目標とする」としている。

C4(パリモーターショー10) DS4(パリモーターショー10)