リーフのリモート操作を行う「iPhoneアプリ」

日産自動車は、電気自動車(EV)『リーフ』に搭載した「EV-IT」のリモート操作ができる「iPhoneアプリケーション」を開発、1月11日から無料で配信を開始した。

リーフは、専用設計したEV専用情報通信システムを採用し、乗車中にナビゲーション画面を通じて様々なドライビングサポート機能の提供を受けられるほか、乗車前や降車後にも携帯電話やパソコンなどからオーナー向けウェブサイトにアクセスすることで、走行履歴の確認やバッテリーの状態管理、充電やエアコンのリモート操作などもできる。

今回、iPhoneでリモート操作できるアプリケーションを開発した。アプリを活用すれば、自宅などに駐車中のリーフをリモート操作で充電できる。充電開始時と終了時には登録したメールアドレスに通知のメールが送信される。

また、乗車前にリモート操作でエアコンのオン・オフを行い、車室内を快適な温度に設定したり、出発時刻にあわせたオン・オフのタイマー予約や予約時間の変更を行うことも可能。ワンタッチで日産EVカスタマーセンターに電話をかけることもできる。

このほか、リーフのバッテリー残量をグラフで表示したり、残量に応じてエアコンをオンにした場合とオフにした場合、それぞれの状態での航続可能距離や普通充電と急速充電を使った場合のそれぞれの充電完了までの残り時間を表示できる。

リーフのオーナーは、アプリケーションをiTunes App StoreからiPhoneに無償でダウンロードすることでこれらEV-ITの各機能を使用することが可能となる。

リーフのリモート操作を行う「iPhoneアプリ」 リーフのリモート操作を行う「iPhoneアプリ」 リーフのリモート操作を行う「iPhoneアプリ」 リーフのリモート操作を行う「iPhoneアプリ」