フォード プレスカンファレンス

フォードはデトロイトモーターショーのプレスカンファレンスで、環境対応車の積極的な市場投入を明らかにした。日産『リーフ』やシボレー『ボルト』を強く意識しつつ、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車で攻勢をかける。

ラスベガスで開催された「International CES」で、すでにEVの『フォーカス・エレクトリック』を披露しているフォード。これに加えデトロイトモーターショーでは、同社初の商用型プラグインハイブリッド車『C-MAXエナジー』とハイブリッド車『C-MAXハイブリッド』を公開した。フォーカス・エレクトリックは、北米で2011年後半、欧州には12年に投入する計画。C-MAXエナジーは、12年の市場投入を予定する。

これら環境対応車は、マイクロソフトと連携して行っているテレマティクスサービス「MyFord Touch」対応し、環境対応車を持つ顧客の満足度向上につなげる。

フォードは、環境対応車において他社メーカーを強く意識している。カンファレンスのプレゼンテーションで担当者は「フォーカス・エレクトロニックは、日産リーフより充電時間が短い。240Vの充電施設があれば、3〜4時間で充電が完了する」と述べた。さらに同社はEVのエコアシスト機能で、「蝶」を象徴として使用しているが、「『葉っぱ(リーフ)』は枯れてしまう。しかし『蝶』は優雅に舞う」(担当者責任者)と発言。強気の姿勢で環境対応車市場に本格参入する。

フォード プレスカンファレンス フォード プレスカンファレンス フォード プレスカンファレンス フォード プレスカンファレンス フォード プレスカンファレンス