ソナタ

ヒュンダイは4日、2010年の世界新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は360万8442台。前年比は16.1%増と、2桁の伸び率を確保した。

海外では2010年、前年比22.7%増の294万8877台を販売。内訳は、海外生産分が26%増の188万1719台、輸出分が17.1%増の106万7158台と、ともに伸びた。

牽引役を果たしたのは米国。セダンの『ソナタ』やSUVの『ツーソン』が人気を集め、過去最高の53万8228台を販売し、前年比は23.7%増と大幅増を記録する。

一方、地元韓国では、販売不振が目立った。2010年の韓国新車販売は、前年比6.1%減の70万2672台。バスやトラックを含む商用車は、14.6%増の17万7304台と売れているが、SUVが18.2%減の9万3863台、乗用車が10.4%増の38万8398台と落ち込んだ。

ヒュンダイグループ(ヒュンダイと傘下のキア)は、2011年の世界販売目標台数を、前年比10%増の633万台に設定。世界市場での存在感を、さらに増す計画だ。

ツーソン