JX日鉱日石エネルギーは、特別早期希望退職優遇制度の募集したところ、募集人員を大幅に上回る1327人の応募があったと発表した。

同社は、新日本石油とジャパンエナジーが経営統合して発足したが、これに伴って事業環境の変化に先んじた構造改革に取り組む観点から、早期に適正な人員体制を構築することが不可欠と判断、早期希望退職制を募集した。

募集人数は1000人だったが、応募者は1327人と予定を3割以上上回った。

今回の早期希望退職制度の実施に伴って発生する退職加算金などは、2011年3月期第3四半期決算に特別損失305億円を計上する予定。