日本精工は、子会社NSKプレシジョンの前橋精機プラント(群馬県前橋市)のボールねじの生産移管に伴って、2011年度末までにNPJ前橋を電動パワーステアリング(EPS)などのステアリング事業の生産拠点・技術開発拠点にすると発表した。

また、前橋地区で現在行っている精機製品(直動製品)の開発・設計機能は、日本精工全製品の基盤技術や製品の開発・設計の中核拠点である神奈川県・藤沢地区に移管する。

ボールねじの九州地区と中国・瀋陽市への生産移管に伴って精機製品の技術拠点を軸受、メカトロ製品、システム製品などの技術拠点が集中している神奈川県藤沢市に移設する。これにより、他の技術を精機製品の技術と融合させるなど、最大限活用する方針だ。

現在、ステアリング事業は、前橋市内の2か所に分散しているが、日本国内の技術開発拠点を同市内の鳥羽地区の1か所に集約する。メカ、電気・電子、ソフトの各開発部門との連携を強化し、ステアリング事業の技術開発のスピードアップを推進する。

また、NPJ前橋に省人化や自働化を実現した効率的な生産ラインを構築し、グローバルに拡がるステアリング生産拠点のマザー工場とする。今後、日本国内の3カ所のステアリング生産拠点は、より柔軟な生産体制が可能になり、グローバルでのEPS需要の増加に迅速に対応していく。