5日午前4時5分ごろ、秋田県大館市内の国道7号で、車道を歩いていた70歳の新聞配達員の男性に対し、進行してきた軽乗用車が衝突する事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡。警察はクルマを運転していた53歳の男を現行犯逮捕している。

秋田県警・大館署によると、現場は大館市釈迦内山神台付近で片側1車線の直線区間。路肩には除雪で生じた雪で埋め尽くされ、人が歩けない状態となっていた。男性は車道を歩いていたところ、後方から進行してきたクルマにはねられたとみられる。

男性は頭部を強打。近くの病院に収容されたが、約1時間後に死亡した。後の調べで同市内に在住する70歳の男性と判明している。警察はクルマを運転していた53歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

死亡した男性は新聞配達員で、当時は業務中だったとみられる。付近に街灯は少なく、夜間の見通しはあまり良くないという。