ダンロップブース(イメージ)

住友ゴム工業は、1月14日から16日まで千葉県・幕張メッセで開催される「TOKYO AUTO SALON 2011 with NAPAC」にダンロップブースを出展する。

今回のダンロップブースのコンセプトは「The Origin DUNLOP」で、空気入りタイヤを発明し、その後120年にわたって先進的な技術を投入し続けてきたダンロップのタイヤ開発に対する情熱を「タイヤテクノロジー」と「モータースポーツ」をテーマに紹介する。

テクノロジーの「DUNLOPテクノロジーラボ」コーナーでは、ダンロップの最新技術を環境、安全、快適をテーマにツアー形式で分かり易くご紹介する。参加者にはフランスの文具メーカーのロディアが監修した「ダンロップオリジナルカバー付きブロックメモ」をプレゼントする。

モータースポーツでは、1986年のルマン24時間耐久レースで優勝したマシンと同型の「ポルシェ962C」とドイツ・ニュルブルクリンクサーキットでタイムアタックに挑戦したマシンと同型のポルシェ『カイエン』を展示する。

また、2月から発売する予定の特殊吸音スポンジ搭載低燃費タイヤ『LE MANS 4』を参考出品する。