トヨタ紡織の豊田周平社長は、本社で実施した新年式典の年頭挨拶で2011年の取り組みとして「顧客の立場に立ったモノづくり」「人材の育成」「グローバル化に向けた取り組み」などに重点を置く考えを示した。

豊田社長は円高の進展やエコカー補助金などの終了による消費の低迷など、厳しい変化に柔軟に対応しながら激しいグローバルな競争に勝ち残るための取り組みを本格化する姿勢を打ち出した。

具体的には「自動車内装システム、フィルター・パワートレインのプロとして、実際に製品を使用する顧客の立場になり、"何がベストか”を私たち自身の規格、思想を持って追求し続ける集団に回帰する」ことを掲げる。

また、上司と部下がOJTを実践しながら互いに困難なテーマに挑み、プロセスや結果を通じて成長を実感することで、トヨタ紡織のモノづくりを支える熱意と執念を持った人材を育成していく。

さらに、新興国を中心とするグローバル市場の拡大を見据え、新規ビジネスを獲得するため、先行開発力、各地域の開発力強化、各機能のグローバル化を推進していく。取り組みを確実にするため、英語によるグローバルコミュニケーション能力の向上も目指す。

このほか、全ての業務領域で安易に妥協することなく「極める」レベルまでやり切ることで、他社を大きくリードする成果に結びつけたり、日常の業務を日々徹底的に見直し、継続的に改善していく。

豊田社長は「社員一人ひとりが心を一つにして“どこにも負けないよい商品を、どこにも負けない価格で提供する”ことに知恵を出し、汗を流し、執念を持って取り組めば、この難局を乗り切っていけると固く信じている」としている。