Mac App Store がオープン

アップルは6日、『Mac App Store』がオープンしたと発表した。無料と有料を合わせ1000本以上のアプリケーションを揃え、iTunesのアカウントを使って購入し、ダウンロード、インストールするまでの過程をワンステップで行なえる。

Mac App Storeは、Snow Leopardのユーザを対象に、ソフトウェアアップデートによってMac OS X v10.6.6の一部として提供される。

Mac App Storeでは、教育、ゲーム、グラフィックス&デザイン、ライフスタイル、仕事効率化、ユーティリティといったカテゴリでアプリケーションを提供。アップル製ソフトウェアに限らず、全く新しいアプリケーションや、すでに多くの人に愛用されているアプリケーションとして、Autodesk、Ancestry.com、Boinxといったデベロッパからもアプリケーションが提供される。

アップル製品では、『iLife '11』に含まれる「iPhoto」、「iMovie」、「GarageBand」アプリケーションもそれぞれ1700円で個別に購入することができ、また、『iWork』に含まれる「Pages」、「Keynote」、「Numbers」アプリケーションはそれぞれ2300円。写真編集管理ソフトウェア『Aperture 3』は9000円で購入することができる。

アップルのCEOスティーブ・ジョブズは「1000本以上のアプリケーションを揃え、Mac App Storeはすばらしいスタートを切りました。好きなアプリケーションを発見し、購入するためのこの革新的で新しい方法をユーザは気に入ってくれるものと思います」と、述べている。

Mac App Store がオープン Mac App Store がオープン Mac App Store がオープン