電気自動車 リーフ

日立オートモティブシステムズと米国のエアビクイティは、日産自動車が発売した電気自動車(EV)の『リーフ』で、両社が共同開発したグローバルコネクティッドソリューションを初めて商用化したと発表した。

今回、両社が共同開発したソリューションにより、リーフの情報通信技術(ICT)のインフラストラクチャーは開発されている。

このICTシステムにより、リーフのユーザーは、EVの乗車環境を最適化するために必要なデータや情報と常時接続することが可能となり、バッテリーの充電や使用状況の監視、遠隔操作サービス、充電ステーションの位置確認などの各種操作がたえず可能となる。また、携帯電話やスマートフォンなどからリーフ所有者専用ウェブサイトを通じて車にアクセスし、エネルギー使用環境をコントロールすることも可能だ。

日立とエアビクイティは、両社が共同開発したグローバルコネクティッドソリューションの普及を進めて、業界標準化していく構えだ。

電気自動車 リーフ 電気自動車 リーフ 電気自動車 リーフ