SKY-G

マツダが「SKYACTIV」と呼ぶ新技術の集合体を発表した。中でもエンジンは世界最高の圧縮比14.0を実現したガソリンエンジンと、世界最低の圧縮比14.0を実現したディーゼルエンジンを実用化するという。これにSKYACTIVのトランスミッションを組み合わせ、シャシーもSKYACTIVを反映させた技術検証車に試乗した。

とにかく印象が良かったのはSKYACTIV-Dのディーゼルエンジンだ。レッドゾーンが5200回転からと、ディーゼルとしてはかなり高回転型のエンジンに仕上げられいて、しかもその回転数に達するまでの吹き上がりがとても滑らかだ。踏めばレッドゾーンの中まで回っていくほどの素性の良さがある。

高速走行なども得意とするところで、マツダのテストコースでは220km/h超まで加速することができた。このエンジンが高価な後処理技術を使うことなく、ポスト新長期規制に対応するクリーンディーゼルになるというのだから驚く。

ほかにもSKYACTIVのATはレスポンスがとても良かった。アクセルワークに対して直ちに回転が立ち上がり、加速していくダイレクト感があった。またシャシーはブレーキング時のノーズダイブを抑えるなど、安定感の高い動きを示した。

これらの技術が実際の市販車にどのような形で具現化されるかはまだ分からないが、20102年初頭と言われるSKYACTIVをテンコ盛りにした新型車には大きな期待がかけられる。

その前の2011年中盤には、『デミオ』のマイナーチェンジでSKYACTIV技術の一部を盛り込むことで、ハイブリッドに頼ることなくリッター30km/リットルを実現するという。これもまた楽しみなクルマにある。

■5つ星評価
パッケージング:?
インテリア/居住性:?
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

SKY-G エンジン(東京モーターショー09) SKY-G SKY-Dエンジン(東京モーターショー09) SKYACTIV-Body SKYACTIV-Chassis