スバルの米国販売21.8%増で過去最高…2010年実績

スバルオブアメリカは4日、2010年の新車セールスの結果を公表した。総販売台数は過去最高の26万3820台。前年比は21.8%増と、日本メーカーで最大の伸びを示した。

乗用車系では09年5月に新型を投入した『アウトバック』(日本名:『レガシィアウトバック』)が、前年比68.3%増の9万3148台をセールス。年間販売の新記録を達成する。

『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)も、前年比25%増の3万8725台と過去最高の実績。一方、10年秋に2011年モデルを投入した『インプレッサ』は、4.8%減の4万4395台にとどまった。

ライトトラック(SUVなど)系では、『フォレスター』が年間新記録となる8万5080台をセールス。前年比は9.4%増となった。しかし、中型SUVの『トライベッカ』は、58.3%減の2472台と落ち込む。

年間セールスの記録更新を受けて、スバルオブアメリカのトーマスJ. ドールCOOは、「我々は2011年、新たな販売記録を狙う」と意欲を見せている。

スバルの米国販売21.8%増で過去最高…2010年実績 スバルの米国販売21.8%増で過去最高…2010年実績