ジューク 16GT FOUR

イマドキの若い世代に刺さるクルマづくりが、日産はとても上手だなと思う。かねてから人気の『キューブ』は、おうちでまったり系グルマ。

そしてもうひとつの柱、お外でアクティブ系グルマとして『ジューク』が頭角を現した。パワーやハンドリングなんかよりも、まず大事なのがスタイル。という世代に、ジュークはとても響いたようだ。

ただし、実際の購入層を見てみると、77%が男性で、内訳は20代から60代まで、まんべんなく分布している。とすると、やはりパワーやハンドリングを重視するユーザーも多いということになる。追加設定されたターボモデルは、1.6リットルの直噴エンジン+ターボチャージャーで2.5リットル並みのパワフルさを持つという。

果たして実際に試乗してみると、発進のひと踏み目からグイッと背中がシートに押し付けられるような加速感。エンジンサウンドはより勇ましくなり、新開発のALL MODE 4×4i(トルクベクトル付)の恩恵で安定感もアップしている。2WDモードにしていても、足のガッチリ感が違うのがわかる。

ただ、ターボモデルにもインパネのスイッチで切り替える「ノーマル」「スポーツ」「エコ」の走行モードがあるが、NAモデルと比べると、「ノーマル」と「スポーツ」の差があまり感じられなかった。

そこを開発者に確認したところ、「ノーマル」でも十分にパワフルなので、「スポーツ」では安全性を意識した設定にしているとのこと。スタイルだけじゃ物足りない人には、迷わずターボモデルをオススメしたい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

まるも亜希子|カーライフジャーナリスト
大学在学中に声優デビュー、卒業後は自動車専門誌で編集者を務める。2003年、カーライフ・ジャーナリストとして独立し、雑誌、ウェブ、ラジオ、CS、イベントへの出演等を軸に活動中。2004年、2005年には、サハラ砂漠2500kmを走破する女性だけのラリーに挑戦し、日本人チームとして初めて完走。

電子制御カップリング 16GT/16GT 16GT FOUR MR16DDTエンジン 16GT/16GT FOUR専用ドライブ情報 G-FORCE表示