i-MiEV(北米仕様)

三菱自動車の益子修社長は5日、今年の課題として電気自動車で利益を上げるめどをつけることをあげた。益子社長は同日、都内で開かれた自動車工業団体賀詞交歓会で一部報道陣に対し語った。

益子社長は「電気自動車をやってみて電気自動車の持ってる課題が良くわかったし、電気自動車をやったことでプラグインハイブリッドの開発というものにもめどがついたので、環境対応車の体制は整ってきてると思う。今度はこれを事業として利益の上がるものにしていくというところに、今年はめどをつけたい」と述べた。

またトヨタ自動車やホンダなど他社も電気自動車の商品化を進めていることについて益子社長は「やっぱり1社や2社じゃなくて、もっと多くの企業が電気自動車に参加してということが、インフラの整備、あるいは使い勝手につながっていくので、我々としては他社が出てくることを脅威とは思ってない」と強調した。