キャンター

日本自動車販売協会連合会が発表した2010年12月のブランド別新車登録車販売台数によると、トヨタは前年同月比32.6%減の7万7821台と大幅マイナスとなった。シェアは43.3%だった。

ホンダは同40.9%減の2万9105台と4割減となったものの、シェアは2位だった。日産は同20.3%減の2万4872台だった。

4位のマツダは同27.3%減の6949台、5位はスバルで同22.2%減の5182台、6位がスズキで同6.3%減の3542台、7位がいすゞで同33.9%増の3430台、三菱自動車は同26.3%減の3188台で8位だった。

いすゞが高い伸び率となったほか、日野は同31.2%増の2547台、三菱ふそうが同9.1%増の2092台、UDトラックスが同73.7%増の660台とトラック4ブランドは揃って前年を上回った。

これに対してレクサスが同58.1%減の1613台、ダイハツが同59.8%減の186台と、乗用車ブランドは全ブランドがマイナスとなった。