イメージ

5日、西日本、中日本、東日本、本州四国連絡の高速道路4社は、年末年始期間(12月23日〜1月4日)における高速道路の交通状況を発表した。それによると、混雑状況として10km以上の渋滞が235回発生し、09年の212回より11%増加した。

発生した235回の渋滞のうち、30km以上の渋滞となったのは22回で、09年の17回より29%増加。また、雪通行止めの影響による渋滞回数は、10km以上の渋滞で5回、30km以上の渋滞で2回となっている。

主な渋滞箇所での渋滞要因としては交通集中などによるもの。渋滞回数は増加したが、期間中の平均交通量は4万2400台/日で、09年より2%の増加であった。

渋滞延長ワースト3
下り線
●48.0km:東名高速宇利トンネル付近(1月3日16時45分頃)
●39.7km:東名高速由比PA付近(1月3日16時55分頃)
●37.5km:東名高速富士川SA付近(1月2日17時05分頃)
上り線
●60.0km:九州道(長崎道)古賀SA付近(1月2日16時15分頃)
●51.0km:九州道(九州道)若宮IC付近(1月2日19時05分頃)
●49.0km:東名高速沼津IC付近(1月3日15時10分頃)
●49.0km:東名高速大和トンネル付近(1月2日19時50分頃)