プロトン のローンに人気

マレーシアの自動車メーカー、プロトンはタイに進出している。訪問したディーラーはシボレーディーラーの裏手にひっそりと拠点を設けていた。

同店舗では月間30台以上の販売台数を誇る。店舗の規模からすると販売台数は大きい。プロトンディーラーでは、他の自動車ディーラーと同様にオーナーが存在する。取材したディーラーはPASというプロトンディーラーグループの傘下にある。PASグループはプロトンディーラーを7社抱えている。PAS以外にも複数のプロトンディーラーグループが存在し、合計するとプロトンディーラーはタイ全国に30〜40店舗あるという。

マレーシアで作った車両をタイで販売するプロトン。売れ筋は製品ラインアップの中で最高級ラインである『EXORA』。EXORAのハイグレードラインは81万9000バーツ(約224万円)。低価格製品を多くラインアップするプロトンにおいて、最高級ラインが売れ筋であるという事実は何を意味しているのだろうか。

ラインアップする全車両のなかで、もっとも低価格なのが『SAGA』だ。最低価格は39万9000バーツ(約109万円)。この商品があるにも関わらず、2倍ほどもするEXORAが売れ筋であるのには訳がある。

それは、プロトンが独自に設定するローンシステムだ。

通常、ディーラーが設定するローンシステムは、最長期間が72か月。しかしプロトンでは84か月のローンを設定できる。これにより、顧客は長期ローンを組み、ハイグレードの車種を購入することができるのだという。

マレーシアで立ち上がった自動車メーカーだけに、新興国の経済事情、顧客ニーズに適した車両価格と購入しシステムをいち早く導入している点は、タイ市場でも強みとして活かされている。

「ローン設定が他社とは違う」と話す営業担当者 プロトン のローンに人気 ショールーム内に事務所がある プロトン のローンに人気 外観では何を売っているかわからないため、プロトンディーラーを探すのは困難だった