ヴィッツ 新型。F

3代目トヨタ『ヴィッツ』は大きく4つのグレード構成:「F」(経済性と使いやすさ重視)、「U」(快適性と上質感を重視)、「Jewela」(ジュエラ。女性を意識)、「RS」(走る楽しさを重視)とわかれている。

それらのインテリアに関してデザイン本部トヨタデザイン部グループ長の郷武志さんは、「それぞれの世界観が変わるよう、意識しています」と話す。

これまではシートファブリックの素材を変更したり、また、2色使いするなど、「どちらかというと下半分で世界観を変えていこうとしました」という。しかし、今回は「シートに座って目の前にある部品の色を変えることで、雰囲気を目の前で変えようと部品構成を考えたのです」。つまり、その部品とシートを組み合わせることで違う世界観を与えたのだ。

「ユーザーがどこを見てクルマを評価しているかを調査したところ、目の前のステアリングやパッド部分を注目しているということが分かったのです。そこで、その部分にデザイン処理やコストをかけながら、見栄えのいいものにし、かつ、取り替えていくことが出来る部品構成としました」

ヴィッツ 新型。F ヴィッツ 新型。U ヴィッツ 新型。U ヴィッツ 新型。ジュエラ ヴィッツ 新型。ジュエラ ヴィッツ 新型。RS ヴィッツ 新型。RS ヴィッツ 新型。RS