BC301Z

中国の北京汽車(BAIC)が発表した新型コンパクトカー、『BC301Z』。同車が、メルセデスベンツ『Bクラス』にそっくりだと話題になっている。

ただし、このBC301Z、中国メーカーが得意とする「コピー車」とは事情が異なるようだ。というのも、北京汽車は中国におけるメルセデスベンツのパートナー。ダイムラーと北京汽車は、中国で合弁会社、北京ベンツ汽車を展開している。いわば、BC301Zは「公認コピー車」といえるだろう。

実際、BC301Zのスタイリングは、Bクラスそのもの。5ドアハッチバックの基本デザインはもちろん、フロントグリルやバンパーなどのディティールも、ほぼBクラス。メルセデスベンツの「スリー・ポインテッド・スター」が付かない点が、唯一の相違点かもしれない。

Bクラスとの大きな違いとして指摘できるのは、エンジン。三菱製がベースの1.3リットルまたは1.5リットルの直列4気筒ガソリンを搭載する。北京汽車によると、このBC301Zに続いて、4ドアセダンの『BC302Z』とステーションワゴンの『BC303Z』がスタンバイしているという。

BC301Z BC301Z Bクラス