警察庁は2日、交通事故発生状況の推移を発表。2010年の事故死者数は4863人。57年ぶりに5000人を下回った09年に続いて、2年連続で4000人台となった。全国の死者数は01年以降、前年対比で減少を続けている。

昨年1日あたりの死者数がいちばん多かったのは12月22日水曜日の31人。神奈川4人、東京3人、千葉と茨城各2人など関東を中心として21都道府県で死亡事故が発生した。同様に最少だったのは5月26日水曜日で1人だった。

10年、事故死者者数が多い都道府県は、東日本に集中し、少ない都道府県は西日本に多い。また全国最多の北海道、東京都と最少の島根県には約7倍の開きがある。

●死者数が多い都道府県
北海道 215人
東京 215人
茨城 205人
大阪 201人
埼玉 198人

●死者数が少ない都道府県
島根 31人
福井 42人
鳥取 42人
徳島 44人
奈良 45人

また、09年まで5年連続して死者数が全国最多だった愛知県は、昨年1年間で死者数を30人減少させ、6年ぶりに不名誉な記録から脱却した。愛知県の昨年の死者減少数は、全国最多だった。