ソリオ新型

スズキの新型『ソリオ』は水平基調のデザインを採用している。四輪技術本部四輪デザイン部の神尾晃さんは、その理由を「1670mmという全高を持っていて、不安定に見えるのは一番まずいからです」と話す。

「安定感を出すためにフロントもリヤもまずは横方向基調にしようと。その後、どういう造形が出来るかを考えデザインしたのです」

「もちろんもっと上級なクルマであれば、ピシッと横方向だけでまとめることもできますが、それをやってしまうとちょっとつまらなくなってしまうと思い、動きを出したりしています」ともいう。

具体的には、「ヘッドランプ下の端の造形で、一度折り返しを入れることで抑揚を付け、動きを出しています」。そして、透明なので分かりにくいが、と断った後、「ヘッドランプの下のラインはクの字断面になっています」とこだわりを話す。

ヘッドランプは、内部の造形も凝っており、「様々な材質感を出していています。インナーレンズはサンドブラスト調で半透明感を出したり、ヘッドランプの下の部分は明るい色のメッキに対して、シリンダー形状のところはチタンメッキになっている。こういった材質感のコンビネーションにより面白さや質感を表現できればと思ったのです」。

ソリオ新型 ソリオ新型 ソリオ新型 ソリオ新型 ソリオ新型