スプリンターグランドエディション

メルセデスベンツの米国ニューヨークの販売店が、超豪華なミニバンを発売し、話題となっている。

このモデルは、商用バンの『スプリンター』をベースに開発。「スプリンターグランドエディション」と名づけられ、メルセデスベンツ・マンハッタンを通じてのみ、販売される。

同車のコンセプトは、「ファーストクラス」。プライベートジェット機のくつろぎを地上でも味わう、がテーマだ。ヒーター&マッサージ機能付きのレザー製キャプテンシート、電動パーティション、冷蔵庫などが装備され、7名の乗員はファーストクラスの快適性を満喫できる。

移動オフィスとしての機能を備えているのも特徴。無線LANによる高速インターネット接続、衛星ラジオ&テレビ、前後の32インチ液晶スクリーンなどが標準装備されている。

エンジンは3.0リットルV型6気筒ターボディーゼル。最大出力188ps/3800rpm、最大トルク44.9kgm/1400〜2400rpmを引き出し、太いトルクが重量ボディにゆとりのクルージングをもたらす。

スプリンターグランドエディションの価格は、18万9850ドル(約1550万円)。スプリンターのベース価格が4万ドル(約330万円)だから、その約5倍のプライスだ。メルセデスベンツ・マンハッタンによると、すでに4台の受注を獲得しているという。

スプリンターグランドエディション