A8新型

フルモデルチェンジをしたアウディ『A8』のポイントはダイナミックなデザイン、ドライビングエクスペリエンス、そしてコンフォートの3つだという。

ダイナミックなデザインについて、営業本部商品企画部長の野田一夫さんはまずフロント部分のシンブルフレームグリルを挙げる。「このシングルフレームグリルも年々進化しており、このA8からはより立体感のある、ワイドで力強いデザインに進化しました」という。

もうひとつ大きな特徴は、LEDヘッドライトである。「昼間でも非常に印象深く、視認性が高いというスタイリング要素に加え、ポジショニング、ロービーム、ハイビームやフォグランプ機能が全てひとつのユニットの中に入っているのです」という。そのうえ、消費電力は通常のライトの半分。そして、寿命は車両ライフサイクルで交換の必要はないという。

リアのデザインでも目を引くのはLEDのテールランプだが、これに加え非常に低いトランクリッドラインも特徴だという。「積載性は十分に確保しています。ゴルフバックの場合、大型のバックが3つ積載できるのです。これは日本からの要件をドイツに要望し、(トランク内部の)サイドを可能な限り抉ることでこれを実現したのです」とスタイリングによって使い勝手に犠牲を払っていないことを語った。

A8新型 A8新型 A8新型 A8新型 A8新型 A8新型 A8新型 A8新型 A8新型