ヴィッツRS新型

トヨタのグローバル戦略の中核を担うコンパクトモデル、新型『ヴィッツ』(12月22日発表)。欧州を含めたグローバル市場での競争力強化のため、走行性能と乗り心地についても大幅な性能引き上げを行ったという。

「とくに欧州では、操縦安定性と乗り心地はクルマの競争力を高めるうえで重要なポイントなんです。欧州市場にはシトロエン『C3』やプジョー『207』をはじめ、強敵が多数存在しています。それらのモデルに操安や乗り心地で対抗できなければ、新型ヴィッツの成功はない。そう考えて、徹底的にチューニングを行いました」

クルマづくりの監修役である製品主幹の一人、菅野伸介氏は語る。

新型ヴィッツは、クルマの基本部分を旧型モデルから流用する「キャリーオーバー」モデルだ。どのメーカーにも共通することだが、オール新設計のときにはクルマの性格がガラリと変わり、キャリーオーバーの時には走り味や快適性が熟成されるという傾向がある。他のトヨタ車では『クラウン』が好例だ。旧型のゼロクラウンが走行性能を大幅に高め、全長の短いV6搭載に合わせてパッケージングを全面刷新して登場。同じプラットフォームを使った現行モデルでは荒削りだった乗り心地が劇的に改善され、静粛性も向上し、熟成が図られた。

「オール新設計のときは、数万点にのぼる部品を1台のクルマとして上手く調和させるためのすり合わせに大変な時間がかかるんです。キャリーオーバーの場合はその時間が短くてすむぶん、サスペンションのバネやショックアブソーバー、緩衝材などについてどういう組み合わせがより良いのか、多くのパターンをテストする時間的余裕があるんです。乗り心地のチューニングについては徹底的に煮詰めることができたと自負しています」(菅野氏)

サスペンションチューニングだけではない。ボディもホイールベース延長などの大手術を行ったついでに、リアのハッチバック開口部の四隅やリアフェンダーまわりなどを補強するなどのチューニングを行ったという。ボディの性能が上がれば、サスペンションの固さへの依存度が低まり、乗り心地とハンドリングのバランスを取りやすくなるからだという。市街地での短時間試乗ではハンドリングについては確かめようがないが、乗り心地については十分体感可能。新型ヴィッツが気になる人は、近所のディーラーでテストドライブしてみるといいだろう。

ヴィッツRS新型 ヴィッツRS新型 ヴィッツRS新型 C3 207